ペニス増大サプリが効かないときは血管・血行に問題がないかを知る

血管年齢が高いとペニス増大サプリが効きにくい

ペニス増大サプリを飲んでいるけど、思うような効果が得られず満足度が低いなと感じている男性は多いのではないでしょうか。
それは、血管年齢の高さや血行不良が原因である可能性が高いです。血管年齢の高さにつながる具体的な症状としては、食べ過ぎや糖質の過剰摂取で血糖値が高い、脂質の過剰摂取で悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が高い、塩分の摂り過ぎで血圧が高いなどがあります。

血糖値が高ければ糖尿病やメタボリックシンドロームになりますし、コレステロール値や中性脂肪値が高いと高脂血症になります。高脂血症と高血圧が組み合わさると動脈硬化になり、血管内に血栓が出来たり血管が硬くなったり狭くなったりして血流が阻害されます。

生活習慣病の方やその予備軍の方は血管年齢が高く、ペニス増大サプリの効果が効きにくい傾向にあります。ペニス増大サプリの主成分であるシトルリンには血管を拡張させる作用があり、それが血流アップにつながり勃起を促進させるというメカニズムですが、血管に問題があるとその作用が発揮されず効果の実感力を弱めてしまいます。健康的な生活習慣を身につけて、血管年齢を若く保つことが大事です。

血行不良がペニス増大サプリの効果を弱める

ペニス増大サプリの効果を実感しにくい原因は、血管年齢の高さだけではありません。血行不良も、ペニス増大サプリの主成分であるシトルリンの血管拡張作用を弱めてしまいます。

加齢による代謝の低下や運動不足や食生活の乱れや自律神経のバランスの乱れなど、血行不良に陥る原因は様々です。多角的なアプローチで、めぐりの良いシトルリンの作用を最大限に活かすことが出来る体をつくっていきましょう。

血行促進のために心がけるべきこととしては、長時間同じ姿勢をとり続けたりすることは避けてこまめに体を動かす、1日の生活の中で水を飲むタイミングを決めてこまめな水分補給をする、代謝促進効果が期待できるアミノ酸やビタミンB群を食事やサプリでたっぷり摂取する、筋トレで筋肉量を増やしたりストレッチやマッサージで筋肉の緊張状態をほぐしたりする、良質や睡眠や疲労回復やストレス発散を意識して自律神経のバランスを正常化させるなどがあります。

まとめ

ペニス増大サプリの効き目が弱いのは血管年齢の高さや血行不良が大きく関係していること、血管年齢を若く保ち血行を促進させるためには生活習慣の改善が必要なことなどについて、知識を深めることが出来たのではないでしょうか。

効果の実感力を高めるためには、ペニス増大サプリの主成分であるシトルリンの作用の妨げになる血管の不調や血行不良を取り除くことが有効的です。生活習慣を見直すことで改善や予防をすることが出来ますので、積極的な対策を行ってめぐりの良い体づくりをして行きましょう。